緩和医療委員会
(五十音順)
委員長 理事 中村 直樹 聖マリアンナ医科大学
副委員長 斉藤 哲雄 済生会熊本病院
委員 荒木 則雄 独立行政法人 国立病院機構京都医療センター
今野 伸樹 広島大学病院
内田 伸恵 東京都済生会中央病院
川本 晃史 順天堂大学医学部附属順天堂医院
窪田 光 神戸大学医学部附属病院
小杉 崇 藤枝市立総合病院
櫻井 孝之 金沢大学附属病院
理事 鹿間 直人 順天堂大学医学部附属順天堂医院
関井 修平 大阪警察病院
髙橋 健夫 埼玉医科大学総合医療センター
多湖 正夫 帝京大学医学部附属溝口病院
田中 修 朝日大学病院
戸成 綾子 杏林大学医学部附属病院
永倉 久泰 KKR札幌医療センター
中島 孝彰 九州がんセンター
野崎 美和子 獨協医科大学埼玉医療センター
理事 原田 英幸 静岡県立静岡がんセンター
平野 靖弘 獨協医科大学埼玉医療センター
伏木 雅人 市立長浜病院
平安名 常一 南部徳洲会病院
宮澤 一成 公立昭和病院
山田 和成 聖隷三方原病院
和田 仁 がんコーディネートくりにっく
和田 優貴 秋田大学医学部附属病院

活動状況報告

①JROSG 17-3 「出血を伴う胃癌への緩和的放射線治療の有効性を調べる多施設前向き観察研究」
・主解析がGastric Cancerに掲載されました。出血性胃癌に対する緩和的放射線治療の有効性を示す過去最大の前向き研究です。
Saito T, Kosugi T, Nakamura N, Wada H, Tonari A, Ogawa H, Mitsuhashi N, Yamada K, Takahashi T, Ito K, Sekii S, Araki N, Nozaki M, Heianna J, Murotani K, Hirano Y, Satoh A, Onoe T, Watakabe T, Shikama N. Treatment response after palliative radiotherapy for bleeding gastric cancer: a multicenter prospective observational study (JROSG 17-3). Gastric Cancer. 2022 Mar;25(2):411-421.
・副次的解析「出血性胃癌に対する緩和的放射線治療における症状スコアの経時的変化」がClinical Oncologyに掲載されました。
Kawamoto T, Saito T, Kosugi T, Nakamura N, Wada H, Tonari A, Ogawa H, Mitsuhashi N, Yamada K, Takahashi T, Ito K, Sekii S, Araki N, Nozaki M, Heianna J, Murotani K, Hirano Y, Satoh A, Onoe T, Shikama N. Temporal Profiles of Symptom Scores After Palliative Radiotherapy for Bleeding Gastric Cancer With Adjustment for the Palliative Prognostic Index: An Exploratory Analysis of a Multicentre Prospective Observational Study (JROSG 17-3). Clin Oncol (R Coll Radiol). 2022 May 30:S0936-6555(22)00230-8. doi: 10.1016/j.clon.2022.05.009. Epub ahead of print.
さらに2つの副次的解析「出血性胃癌に対する止血を目的とした緩和照射の実施率に関する研究」「Palliative Prognostic Indexを用いた単回照射に適した患者の選択法の検討」を実施中です。

②JROSG11-1 「腎癌骨転移に対する放射線治療とゾレドロン酸併用療法の臨床第Ⅱ相試験」
・主解析がJournal of Japanese Clinical Oncologyに掲載されました。
Harada H, Shikama N, Wada H, Uchida N, Nozaki M, Hayakawa K, Yamada K, Nagakura H, Ogawa H, Miyazawa K, Katagiri H, Nakamura N. A phase II study of palliative radiotherapy combined with zoledronic acid hydrate for metastatic bone tumour from renal cell carcinoma. Jpn J Clin Oncol. 2021 Jan 1;51(1):100-105
・副次的解析「腎癌骨転移に対する放射線治療とゾレドロン酸併用療法による局所制御効果の検討」を2021年11月の日本放射線腫瘍学会、2022年10月の日本癌治療学会で発表した。論文執筆中。

③CDK4/6阻害剤併用放射線治療の安全性に関する遡及的多機関共同研究
・緩和医療委員会の所属施設を中心に遡及的多機関共同研究を行いました。
Kawamoto T, Shikama N, Imano N, Kubota H, Kosugi T, Sekii S, Harada H, Yamada K, Naoi Y, Miyazawa K, Hirano Y, Wada Y, Tonari A, Saito T, Uchida N, Araki N, Nakamura N. Incidence of and risk factors for non-hematologic toxicity with combined radiotherapy and CDK4/6 inhibitors in metastatic breast cancer using dose-volume parameters analysis: a multicenter cohort study. Breast Cancer. 2023 Mar;30(2):282-292.

今後の活動方針

当委員会では症状緩和や生活の質の改善を目的として、緩和的放射線治療の新たなエビデンスの構築を目指します。若手の先生方の参加を歓迎いたします。

2020年11月30日開催 議事録
2019年4月13日開催 議事録
2018年10月13日開催 議事録
2018年4月14日開催 議事録
2017年7月22日開催 議事録
2016年11月26日開催 議事録
2015年11月19日開催 議事録
2015年7月25日開催 議事録
2014年12月13日開催 議事録

2023年6月1日更新